受賞投票結果

おごおりスマイルに沢山の写真の応募、そして投票ありがとうございました。

総作品82枚!

総投票数3563票!

受賞作品が決定いたしました。

市内で活躍するフォトグラファー「吉福 輝成氏」によるコメントも頂いております。

おごおりスマイル 結果発表

フォトコンテスト 1位

トルコキキョウが満開です。

河原 良子様の作品

良い点:一面に広がる光景は見ていて綺麗で、迫力がありますね。
改善点:お花の白い部分が飛んでしまっていて、もう少し明るさを抑えて撮影するのもありですね。それとお花の下の網が目立っているので、角度をつけて、目立たせずに撮影をするとさらに良くなると思います。

フォトコンテスト 2位

「豊作ですよ〜」

初めて稲刈りを経験!自分より大きな稲をしっかり持って手伝ってくれました!

西川 力様の作品

良い点:子どもさんの表情がとても良く、写真を見ただけで微笑ましい気持ちになりますね。
改善点:背景の道路のガードレールが少し斜めになっているので、これが平行になっていると、より良い写真になると思います。写真を撮る時に平行を意識するだけで変わりますよ。

フォトコンテスト 3位

朝の光

鹿児島 二様の作品

良い点:とてもノスタルジックな気持ちになる1枚です。夕日、電車、田んぼと、構図も素敵です。個人的には好きな1枚です。
改善点:少しだけアングルを上げて、夕日と山の景色がもう少し見えると良いと思います。ただ、何を目立たせたいかで変わってくるのでこのままでもgood

フォトコンテスト 4位

由留部 桂子様の作品

良い点:一面に広がる水田。水田の反射で見える青空が素敵な一枚です。
改善点:田んぼの区切りが中心にあり、それで青空の反射が遮られるので、場所をずらして撮影するとgood

フォトコンテスト 5位

味坂ファーム様の作品

良い点:女の子が、田植えを一緒に楽しんでる様子が伝わる一枚。個人的に好きです。
改善点:こちらもアングルに注意して撮影するとより良い写真になると思います。

フォトコンテスト 6位

小林 敦美様の作品

良い点:背景が三分割されていて、鮮やかな1枚。男の子が自然の中でとても気持ちよさそうですね。
改善点:右手が指先だけ切れているのが残念。アップで撮影するか、引きで撮影するか、もう少しメリハリをつけるとgood

フォトコンテスト 7位

七夕様にも「のうかになれますように」と書いた長男4歳と、農機具が大好きな次男2歳。
我が家の日常の写真です。

古賀 智子様の作品

良い点:こちらも個人的に好きな1枚。夕日、トラクター、ミラー越しに見える男の子、とても素敵です
改善点:畑の手前が写りすぎて空の絵が少ないのが残念。空と地上を半分ずつにして2分割にするか、夕陽や雲が綺麗なので、そちらの割合を大きくした方が見やすくなると思います。

フォトコンテスト 8位

今年の田植え。学校から帰って 田植機の運転をしました。緊張したけど 上手くできました。 美味しい もち米出来るといいな~~~。組合のおじちゃん達と一緒に撮った写真

藤井 陽稔様の作品

良い点:この写真一枚で、地域の方との繋がりや、真ん中にいる男の子や女の子の成長していく姿までも想像してしまう1枚。2人の成長が楽しみですね。
改善点:カメラの中心がズレてるのと、平行じゃないくトラクターが少し右に傾いたようになってるので、その2点を意識して撮影すると整った綺麗な写真が撮影できます。

審査員特別賞

麦畑があまりにも美しくて写真を撮りたい女子。思わず彼女の柔軟性が出ています。

山本 奈穂子様の作品

良い点:ススキが夕日に照らされ鮮やかで、写真を撮影している女性の髪の毛も同じ色で染まり、ノスタルジーな1枚。とても綺麗な写真です。
改善点:カメラアングルを低くしたら稲の迫力が伝わり、高いアングルから見下ろすように撮影すると一面に広がる稲を撮影できる。主役を決めて構図を考えられたらさらに良い写真になると思います。

どの作品も個性に溢れ、すごく素敵なものばかりでした。

ご入選の皆様、フォトコンテストに参加頂いた皆様へささやかではありますが

賞品、または参加賞をご用意させて頂きました。

詳細ははがきにて順次郵送させていただいておりますので、当日はがきをお持ちになって大崎ポケットパークへお越し下さい。

表彰式のご案内

2021年2月28日、宝満の市にて「おごおりフォトコンテスト」表彰式を行います。

当日は宝満の市の「てんとテン」とのコラボイベントとなっております。

皆様のご来場、お待ちしております。

「おごおりスマイル」冊子発行のお知らせ

おごおりスマイル フォトコンテストで応募頂いた全作品、イベントの裏話や表彰式の様子などを収めた冊子を発行予定です。冊子はフリーペーパーとして小郡市内各所に置かせていただく予定ですので、発行の際は是非御一読お願いします。